上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにコンペに参戦。

根詰めた作業の合間のいくつかのごはんの記録。

<作業開始数日目>

まだ余裕で、表参道のハンバーガーやさんへ。

IMG_2826.jpg

アボガド、トマト、スプラウト、のベジサンドウィッチ。

---------------------------------------------

<コンペ作業半ば>

この日はスタバで作業するはずが、道中の隅田川沿いにカフェをみつけて入る。

ゆるいカフェメニューとしてのマイルドなカレーを想像していたけれど、期待を裏切られてとても辛い。

でも絶景。

IMG_2824.jpg



IMG_2823.jpg

---------------------------------------------

<コンペ提出間際>

やはり徹夜になった。

パースを描き続けて15時間ほどたったころ、朦朧としてきて

一緒に参戦している仲間の人肌が蛍光ピンク色に見える経験をした・・・


IMG_2828.jpg

無事提出した後は、おなかを満たせるお店を求めて表参道を俳諧。



眠くて思考回路がとまっているため、お店もなかなかきまらないが

ついにAVEDAに入っているカフェでベジごはん。

うとうとしながら食べる。








2014.04.10 無人駅


渋谷の朝、雨で比較的すいたスタバでカフェラテ。

この日はじめてカフェラテとカフェオレの違いを認識した。


IMG_2362.jpg


仕事と所用をすませると終電ぎりぎりに。

めずらしく誰もいないメトロの駅ホーム。


IMG_2623.jpg



2014.04.07 まっしろな桜


いぬとふたりでお花見。



140407.jpg




2014.04.06 Afternoon tea


ささやかな贅沢をしに午後のパークハイアット東京へ。





アフタヌーンティのコースと、


140323_4.jpg


ハイティーのコース。


140323_3.jpg


形式に則って用意された沢山のカトラリーや食器類が

優雅なきもちにさせてくれる気がします。


140323_5.jpg


肉眼では遠くに富士山がうっすらと見えます。

真下にはかつて住んでいたマンションも。

あっという間に日が暮れました。


140323_6.jpg






2014.03.24 あとすこし

開花まであと少し、あと少し。






散歩圏内に美味しい焙煎珈琲スタンドが開店。


あいにく目の前で目星を付けていたベリーのペストリーが売り切れ、

うーん と迷っていたら

バゲットの端っこのフレンチトーストを出してくれました。



2014sakura2.jpg






2014.03.20 井の頭公園
晴れた日曜日に

井の頭公園をぶらぶらと散歩。

気温も高くなって、かなり人口密度と犬密度が高い。



花粉のせいか、途中で目が痒くて痒くて、

視界がフォギーに。



井頭公園ランチ


たどりついた公園内のベトナム料理のカフェでランチ。

セットのプレートを注文したところ

得意ではないパクチーが山盛りで運ばれてきました。




2014.03.19 Cannelé

昔 流行っていたような気がしますが、

いまさらながら好きになったお菓子のカヌレ。

パン屋さんに属しているスイーツのようで、

徒歩圏内でも比較的おいしいものが手に入りやすい。


レシピを検索してみるとシンプルなつくり方ではあったけれど

長々とオーブンで焼く過程が肝のようなので

自分のおもちゃのようなオーブンレンジではなく

いつか実家のオーブンでトライすることにします。


20140318.jpg

先日 カフェで購入したお皿に盛る。




2014.03.18 COBI COFFEE

友人と青山に新しくオープンしたお店へ行く。

服と生活雑貨のセレクトショップで、

更に店舗の一角で珈琲も淹れているお店でした。


スタバの珈琲に飽きた会社員がターゲットのようですが、

丁寧にドリップされた珈琲が美味。

甘味は、カステラと、ココナツの羊羹、小豆の羊羹、の3種類。

カステラは橙色のように濃い黄色で、生地の底で焼けたザラメがざくざくとしておいしい。

意外にも友人が頼んだココナツの羊羹がヒット。


cobicoffee2.jpg


茶の湯を意識した設えで、凝ったカウンターでした。


cobicoffee1.jpg



2014.03.17 昼のお蕎麦

春一番も吹いて随分あたたかくなりました。

久しぶりのお蕎麦は、

老舗の神田「まつや」へ!



どこまでオリジナルかはわかりませんが、

建物は関東大震災後の1925年(大正14年)からのものだそうです。

こんな建物がひしめきあっていたかつての江戸はさぞラブリーだったに違いない。


神田まつや1


お昼時で店内は満席でした。

オーダーしたざる蕎麦は

弾力があってもちもち、いい香り。

つるつると一気に完食!


神田まつや2






増税前、と自分に言い訳しながら

鳥の形をした不細工なスプーンと、

長々 狙っていた turk の男前なフライパンを購入。

片手で持ってみるとそれはずっしり重く、

果たして日々の料理で付き合っていけるのかと 早くも弱腰に…









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。