上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.01 出国



7月1日。

深夜の羽田空港にチェックイン。

早朝の便でテキサス州ダラス・フォートワースへ。

羽田から出国するのは初めてです。



満席のエコノミー席で窮屈な思いをしながらも、久しぶりの出国で心躍る!




デトロイトでトランジット。


P1170430.jpg



旅の途中はこんな景色でさえも、魅力的。




悠長に入国審査の長蛇の列に並んでいたら、

乗り継ぎ便が行ってしまった。

 




スポンサーサイト
2012.07.02 Dallas



ダラス・フォートワースは10年ほど前に

南米へのトランジットで来たことがあるのみ。


国内線の便だったからか、

記憶の空港よりも随分とひなびていました。


空港を出てみると、どこまでも空が広くて

ぽつりぽつりと建物がある景色が続きます。



P1170446.jpg



今回は、ダラスにもフォートワースにも行きたかったので、

その中間に位置しているように見える

空港周辺のホテルに泊まりました。


google mapでは空港のすぐ隣にあるように見えていたホテルが、

実は空港から車で10分ほどもあって、

不便だと気がついたのはホテルに到着してから。



P1170444.jpg


ホテルはWestinですが、サービスはテキサスらしく(?)緩めでよし。

このままベッドにダイブして眠りたいのを我慢、出かけます!





2012.07.02 Dallas



7月2日。

7月2日早朝に日本を発って合計15時間ほど移動しているのに、

7月2日の午前中にダラスにいる、、、なんだか得した気分。



ホテルからタクシーで鉄道駅まで来て、

ダラスのダウンタウンに向かいます。

切符を買って、時刻表を確認して、目を疑った。

あと1時間半、電車が来ない。



P1170454.jpg


広い空とホームと遠くまで続く線路しかない。






タクシーも来ない。



P1170452.jpg


カフェもない。





パリ・テキサスのライ・クーダーの枯れた音楽が頭の中を流れています。





1時間半、空を見ながらやり過ごし、涼しい車内に身を委ねてダラスのダウンタウンへ。

さっきまで景色の半分がソラだったのに、大きなビルのある街でした。


P1170467.jpg


ビルと、それと同じくらい大きな駐車場のブロックが交互にあるような街です。



P1170458.jpg



アート地区にはノーマン・フォスターやコールハースや

I.M.ペイのシアターなどの建物が集まっています。











2012.10.03 Oren's


マンハッタンのマレーヒルのあたりにある珈琲専門店のもの。

コスタリカと、グアテマラ。

どちらも酸味強め。

手でドリップする場合は「Melitta」で挽いてもらうようオーダーするらしい。

メリタ式のメリタということか。

でも、「マリーダ」に近く聞こえた。










2013.04.07 JOE coffee


アメリカの甘いもの、といえば

もっぱらカラフルにデコレーションされたお菓子のイメージが強いのですが、

そして、実際そういうものにも沢山であったのですが、

見た目の楽しさに反してなかなか手が出ない。







特に見た目が楽しくなくても、強烈な甘さに驚かされることが多々あったので

かなり用心深くなりましたが

JOE というコーヒーチェーン店のマフィンは

JOE1.jpg



全く甘くなくて、美味しく食べられました。


JOE3.jpg

もちろん、コーヒーも美味しい。


JOE4.jpg

2012.07.09
2013年の秋の備忘録。

メキシコの帰りによったNY、ブルックリンで買い物。

wi-fiを求めて One Girl Cookies に入店。

カフェラテと、水色のつんつんしたのがのっかったカップケーキ。

見た目かわいいが甘さは強烈。

このツノの強度を保つためか、フロスティングクリームは固めで

白砂糖のざらりとした食感も残っていました。


IMG_2318.jpg



店舗は贅沢に天井が高く、それだけで豊かさ3割増し。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。